トヨタGRヤリスのドライビングポジションを飛躍的に進化させたBRIDEフルバケット専用シートレールLFタイプ新登場!

ブリッド株式会社のプレスリリース

ブリッド株式会社(愛知県東海市、代表取締役社長:高瀬嶺生)は、自社ブランドBRIDE(ブリッド)の自動車用シートを車両へ取り付けする際に必要な車種別シートレール製品「トヨタ GRヤリス用 LFタイプ」を、2月1日より受注開始します。本製品は全国のBRIDE取扱店ご注文いただけます。

本製品は、トヨタ GRヤリスの純正シートを取り外し、当社製フルバケットシートの取り付けに必要なシートレールをローポジション化したLFタイプとして新開発したものです。必須である低着座化とハンドルセンター化を当社特許技術のローマックスシステムの応用で実現しました。モータースポーツ、サーキットでのスポーツ走行の必需品として、最適なドライビングポジションを実現する究極のシートレールです。

 

シートレール T407LFシートレール T407LF

 

  1. 純正座面高から最大約65mmダウンのローポジション
  2. ハンドルセンターから左右へのオフセット0mmのシートポジションを実現
  3. モータースポーツ、スポーツ走行に最適
  4. BRIDEローマックスフルバケットシート専用・保安基準適合品
  5. GRヤリス&ヤリス(FF)共通設計

発売日:2021年2月1日
商品名:スーパーシートレール LFタイプ トヨタ ヤリス 右席用
品 番:T407LF
価 格:22,000円(本体:20,000円)
JAN:4560459233818
 

LOWMAXとはLOWMAXとは

LOWMAX構造写真LOWMAX構造写真

シート本体の凹部にシートレールが入り込むLOWMAX構造により、狭い座席スペースにおいても座面ローポジションを可能にし、左右のずれを最小限に抑え、ハンドルセンター=シートセンターに近づけることができます。

 

 

シートレール品番座面高左右オフセット適合シート
(現行)
適合シート
(旧品)
T407LF
(新製品)
純正座面調節
の最下より最大
約65mmダウン

(ハンドルセンター)
ZETAⅣ、ZIEGⅣZETAⅣ、
ZIEGⅣ、
XERO VS、
XERO CS、
XERO RS、
XERO MS、
​A.i.R.(車検非対応)
VIOSⅢ、
VIOSⅢtype-R、
ZIEGⅢ、
ZIEGⅢtype-R、
MAXISⅢ、
edirb042、
edirb061、
edirb067など
T407FO
(既存)
純正座面調節
の最下より最大
約60mmダウン
ハンドルセンター
に対してシートが
ドア側へ約10mm
オフセット
ZETAⅣ、
ZIEGⅣ、
XERO VS、
XERO CS、
XERO RS、
XERO MS、
​A.i.R.(車検非対応)
上記に加え
ZETA(Ⅰ~Ⅲ)、
ZETAⅢPLUS、
ZETA(Ⅱ~Ⅲ)type-S、
ZETA(Ⅱ~Ⅲ)type-L、
ARTIS(Ⅰ~Ⅲ)、
EXAS(Ⅰ~Ⅲ)、
PROFACE、
GARDISⅢなど
T407FX
(既存)
※車検非対応
純正座面調節
の最下より最大
約60mmダウン
ハンドルセンター
に対してシートが
ドア側へ約10mm
​オフセット
ZETAⅣ、
ZIEGⅣ、
XERO VS、
XERO CS、
XERO RS、
XERO MS、
​A.i.R.(車検非対応)
上記に加え
ZETA(Ⅰ~Ⅲ)、
ZETAⅢPLUS、
ZETA(Ⅱ~Ⅲ)type-S、
ZETA(Ⅱ~Ⅲ)type-L、
ARTIS(Ⅰ~Ⅲ)、
EXAS(Ⅰ~Ⅲ)、
PROFACE、
​GARDISⅢなど

トヨタ GRヤリス用シートレール(右席用)の品番と適合一覧表 ※既存製品も含みます

※今回の新製品発売は、右席用(運転席)のみの設定です。
※適合車種:トヨタ GRヤリス・ヤリス(FF)
 

 

GRヤリス装着例1GRヤリス装着例1

GRヤリス装着例2GRヤリス装着例2

 

BRIDEBRIDE

【BRIDEとは・・・】
設立:1981年、資本金:3,000万円、社員数:15名、売上高:約8億円
40年間、大勢や流行に流されず、自動車レース用シートの基盤を徹底的に追求、
年間9千脚を供給し、国内ではトップ、世界でも五指に入るスポーツシートメーカー。
レース用だけではなく乗用車・トラック・船舶や公共施設など広い分野へ進出をはかる。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。