~日本記録保持者・国際大会日本代表選手が国立競技場に集結!~「セイコーゴールデングランプリ陸上2020 東京」フィールド種目出場選手について

公益財団法人日本陸上競技連盟のプレスリリース


国内トップ選手が多数出場する 2020 シーズン初の全国規模の陸上競技会として本年8月23日(日)に開催する 「セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京」において、フィールド種目に出場を予定している選手を以下の通りお知らせいたします(2020年8月6日現在)。

また、2019年ドーハ世界選手権8位入賞、男子走幅跳に出場予定の橋岡優輝選手(日本大学)からのコメントを紹介いたします。

■橋岡優輝 選手(日本大学)コメント
本来ならばオリンピックがあった時期に、国立競技場で開催される貴重な試合なので、プレ大会の気持ちで最高のパフォーマンスを発揮したいと思います。
また、全国的にコロナウイルスが拡大している中、このような試合を開催できるのは医療従事者をはじめとする多くの方々のおかげであり、その方々に結果という形で恩返しできるように頑張ります。
今回コロナウイルスの影響で実際に会場に足を運べないという特殊な状況だからこそ、テレビの前からの応援が力になりますので、選手のみんなへの応援を宜しくお願いします。

<男子走高跳>

 氏名FAMILY/First所属生年月日PB19SB
1戸邉 直人TOBE NaotoJAL1992/3/312.35i2.35i
2衛藤 昂ETO Takashi味の素AGF1991/2/52.302.30

<男子棒高跳>

 氏名FAMILY/First所属生年月日PB19SB
1澤野 大地SAWANO Daichi富士通1980/9/165.835.71
2山本 聖途YAMAMOTO Seitoトヨタ自動車1992/3/115.77i5.71i
3江島 雅紀EJIMA Masaki日本大学1999/3/65.715.71

<男子走幅跳>

 氏名FAMILY/First所属生年月日PB19SB
1城山 正太郎SHIROYAMA Shotaroゼンリン1995/3/68.408.40
2橋岡 優輝HASHIOKA Yuki日本大学1999/1/238.328.32
3津波 響樹SUHA Hibiki大塚製薬998/1/218.238.23

<男子やり投>

 氏名FAMILY/First所属生年月日PB19SB
1新井 涼平ARAI Ryoheiスズキ1991/6/2386.8382.03

 

<女子走幅跳>

 氏名FAMILY/First所属生年月日PB19SB
1秦 澄美鈴HATA Sumireシバタ工業1996/5/46.456.45

<女子やり投>

 氏名FAMILY/First所属生年月日PB19SB
1佐藤 友佳SATO Yukaニコニコのり1992/7/2162.8862.88

 

※所属は2020年8月6日現在のものといたします。

※「PB」は自己記録、「SB」はシーズンベスト、「i」は室内大会記録となります。
※今後、選手が決定・追加されます。

【大会WEB関連】http://goldengrandprix-japan.com/
【チームJAPAN】https://www.jaaf.or.jp/athletes/?event=1

■陸上競技活動再開のガイダンス
https://www.jaaf.or.jp/news/article/13857/
※「On your marks 」~陸上競技活動再開に向けた メッセージビデオ~

写真提供:フォート・キシモト

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。