「連敗を止めた奇跡の暫定監督」が解説、サッカーJリーグに見る監督交代とは — 追手門学院大学のニュース発信サイト「OTEMON VIEW」に掲載

追手門学院大学のプレスリリース

追手門学院大学(大阪市中央区、理事長:川原俊明)はこのたび、運営する追手門学院大学の特設サイト「OTEMON VIEW」に「サッカーJリーグに見る監督交代とは。連敗を止めた『奇跡の暫定監督』が再解説。」と題した記事を掲載した。5月14日に発表されたガンバ大阪の監督交代など、Jリーグでしばしば見られるシーズン途中の監督交代は、選手やチームにどんな影響をもたらし、急遽後任を任された監督は何を思うのか。かつてヴィッセル神戸や大分トリニータでシーズン途中から監督を務めてチームを蘇らせた、スポーツ心理学やコーチング学を専門とする社会学部の松山博明教授が解説する。

 5月14日、J1屈指のビッグクラブであり、追手門学院とパートナーシップ協定を結んでいるガンバ大阪で監督交代劇があった。プロチームがひしめき合うJリーグにおいてシーズン途中の監督交代はしばしば見られるが、その背景はどのようなものなのか、また、選手やチームにどのような影響をもたらし、急遽後任を任された監督は何を思うのだろうか。

 2020年7月1日の記事( https://newsmedia.otemon.ac.jp/842/ )に続き、スポーツ心理学やコーチング学を専門としている社会学部の松山博明教授が再登場。松山教授は現在もサッカー解説者として活躍しているほか、Jリーグのマッチコミッショナー(試合運営責任者)も務めている。また、かつてヴィッセル神戸や大分トリニータでの指導者時代には、シーズン途中で退任した監督の後任を任され、低迷した2チームをそれぞれ復活させた経験の持ち主である。
 「連敗を止めた奇跡の暫定監督」が、実践と研究の両方の視点から、監督交代劇には何があるのかを解説する。記事の主なポイントは下記の通り。

■監督交代がチームに与える影響
○監督交代となる背景や選手への影響とは

■低迷するJ1チームを任された「松山奮闘記」
○ヴィッセル神戸時代の監督交代の舞台裏
○三浦知良選手などベテラン選手の存在
○大分トリニータ時代14連敗中のチームを勝利に導いた3つのポイント

■代行監督に求められるもの
○選手と監督、フロントが一枚岩になるために
○キックオフまでの入念な準備
○自分の体現したいサッカーを貫く

※記事本文は下記URLを参照。
 https://newsmedia.otemon.ac.jp/1860/

●「OTEMON VIEW」
 「ニュースの面白さは、見方次第。」をコンセプトに、日々移り変わる世の中の出来事を同大の教員らが教育・研究成果などの専門的知見に基づいて読み解いた記事を掲載。開設当初は教員らによるオリジナル記事と他メディアに掲載された関連記事の2つで構成されていたが、現在はオリジナル記事のみを配信している。
・URL: https://newsmedia.otemon.ac.jp/

(関連記事)
・Jリーグ再開にあたり、選手のモチベーション管理について指導者経験も豊富な社会学部・松山博明教授が語る — 追手門学院大学のニュース発信サイト「OTEMON VIEW」に掲載(2020.07.02)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-43946.html

▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
谷ノ内・仲西
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。