アントニオ猪木、78歳の誕生日に”最初で最後の”○○○○○○○○!?

株式会社ニッポン放送プロジェクトのプレスリリース

★★本日2021年2月20日(土)はアントニオ猪木氏78歳の誕生日★★
プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」は
“シリアルナンバー入り”、”60体限定”のファン垂涎ものダァーッ!!

この度、株式会社ニッポン放送プロジェクトは、
プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木リングデビュー60周年を記念し、
本人初となる「純金製」のフィギュアを数量限定生産で販売します。

プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」

数々の名勝負を残した稀代のレスラー、そして永遠のスーパースター!
プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」は
”シリアルナンバー入り”、”60体限定”のファン垂涎ものダァーッ!!

 

 

■商品詳細

中空ではなく無垢で製作しているため、高さ約40mm、
重量は約23gと高級感のある本格的な造りとなっております。
また本商品の大きさ(高さ)は猪木氏1/48スケールとなっています。

プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」

製作は日本国内で行い、職人がひとつひとつ丁寧に磨いています。
数量限定生産の証として足の裏にシリアルナンバーを刻印。

プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」

プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」

プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」

さらに特別仕様の展示ケースが付属しており、
インテリアとして飾ってお楽しみいただくことも可能です!

プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」

また今回は初回受注期間(〜2021年3月20日まで)に

ご予約いただいたお客様の中から抽選で5名様にアントニオ猪木氏の直筆サイン色紙をプレゼント
(※初回注文期間中にお申込みいただいた方に、抽選応募用紙を同梱しております。)

プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」プロレス界のレジェンド・アントニオ猪木、最初で最後の「純金フィギュア」

★販売サイトはこちら
SHOP!ニッポン放送プロジェクト(Yahooショッピングページ)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/jolf-p/y100400.html

★アントニオ猪木公式Youtubeチャンネル「最後の闘魂」でも商品紹介中!
https://youtu.be/IcQMpNOTszw

★新宿「ビームスジャパン」4階(東京都新宿区新宿3-32-6)で実物の展示&販売中!
※期間限定:2021年2月20日(土)~3月20日(土)

■商品概要

名称:デビュー60周年記念 アントニオ猪木 1/48 純金フィギュア
素材:本体/純金(K24)
価格:¥600,000(税別・送料無料)
サイズ:直径(高さ)約40mm×巾約17mm
重量:約23g
陳列ケース:素材/アクリル・合皮 サイズ/高さ約115mm×巾約75mm×約75mm
外箱サイズ:高さ約118mm×巾約85mm×約85mm
その他仕様:商品説明書/限定60体/シリアルナンバー入り(受注生産)
開発及び製造協力:コーラルゼット(株)/(株)ニッポン放送プロジェクト / バンビジュエリー(株)

■発売日
2021年2月20日(土)

■アントニオ猪木プロフィール
本名・猪木寛至。1943年2月20日、横浜市鶴見区生まれ。
14歳で家族とともにブラジルに移住。
1960年、力道山にサンパウロでスカウトされて帰国し、
日本プロレスに入団する。1964年からアメリカで武者修行をし、
1966年、東京プロレスを旗揚げ。翌年、日本プロレスに復帰も、1972年に再度、新日本プロレスを旗揚げする。
「ストロングスタイル」を掲げ、異種格闘技戦に挑戦。
1976年にはボクシングヘビー級王者のモハメド・アリとの
「格闘技世界一決定戦」を行う。1989年にスポーツ平和党を結成。
参議院議員選挙に出馬し、プロレスラー初の国会議員になる。
1998年4月、現役引退。2013年より2期目の参議院議員を務め、
2019年6月に政界引退。2020年2月に喜寿を迎えた。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。