「Jクラブ スポンサーマッチングプロジェクト」公募結果発表

株式会社マネーフォワードのプレスリリース

 デュアルキャリア株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:嵜本晋輔、以下「デュアルキャリア」)、HALF TIME株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:磯田裕介、以下「HALF TIME」)、並びに、株式会社マネーフォワード(所在地:東京都港区、代表取締役社長:辻庸介、以下「マネーフォワード」)の3社は、「Jクラブ スポンサーマッチングプロジェクト」について、本プロジェクトに参画する27のJクラブに対し、全国21の企業からのマッチング申込を受け付け、244のマッチングを創出したことをお知らせします。

 本プロジェクトは、Jクラブと新しくスポンサードを検討する企業のマッチング機会を提供することを目的として、元Jリーガーが率い多くのスポーツ関連サービスを手がけるデュアルキャリア、スポーツビジネスのプラットフォームサービスを提供するHALF TIME、そしてテクノロジーを活用してすべての人のお金の課題解決を目指すマネーフォワードの3社が共同運営し、J1からJ3の27クラブが参画しています。

 今年8月12日(火)にプロジェクトを開始して以降、8月23日(金)まで約2週間の期間に公募を実施し、全国から21の企業の申込を受け付けました。各クラブはそれぞれ5〜14の企業から申込を受ける結果となり、全てのクラブにおいて企業とのマッチングが実現しました。

 企業のスポンサードの理由・目的としては、「企業・事業・商品サービスの認知度向上・ブランディング」と回答した企業が約8割。次いで「社会貢献活動、CSR」と回答した企業が約4割でした。スポンサードの年間予算規模は「100万円以下」が約8割を占めた一方、「〜1,000万円」、「〜5,000万円」といった回答もあり、21社の年間予算は総額で最大8,140万円規模となっています。また、金銭的なスポンサード以外にも、モノやサービスの提供に関する希望も寄せられました。
 
 なお、本プロジェクトは収益を目的としておらず、マッチングは無料で実施しており、運営3社において本件を通じた売上の計上は予定していません。

■公募結果
<申込期間・方法>
申込期間:2020年8月12日(火)〜23日(日)の12日間
申込方法:特設Webサイトを経由してアンケートフォームで情報を入力し申込

<申込企業数>
申込企業数:21社

<スポンサードの理由・目的>※必須項目・複数回答可

<スポンサードの年間予算感>※任意項目・単一回答

※実際には「〜1億円」「それ以上」の選択肢もあったが、回答がなかったため省略

■本プロジェクトを運営する各社代表者のコメント

デュアルキャリア株式会社 代表取締役社長 嵜本晋輔:
「このような環境の中、『Jクラブ スポンサーマッチングプロジェクト』にご参加頂いたクラブ様、企業様、関係者の皆様に心から感謝申し上げます。今回のプロジェクトを起点として、今後多くの企業がスポーツやアスリートと関わり、お互いが共創しあえる世界を創っていきたいと思っています。」

HALF TIME株式会社 代表取締役 磯田裕介:
「短期間にも関わらず、21もの企業様からご応募いただいたことに感謝申し上げます。スポーツは、コロナ禍においても世の中を明るく照らすことのできる、ユニークな存在感と社会性を持っています。今回、本プロジェクトを通してJクラブへのサポートが実現できるだけでなく、企業とスポーツ組織のパートナーシップやスポーツコンテンツの活用が一歩前進し、今後一層スポーツを通した新たな価値が創出されることを願います。」

株式会社マネーフォワード 取締役執行役員 CFO 金坂直哉:
「『Jクラブ スポンサーマッチングプロジェクト』によって、新たなビジネスの機会が生まれていることを嬉しく思います。スポンサー企業にとって、認知度向上やブランディング、社会貢献活動に資するプロジェクトになれば幸いです。また、Jクラブや、現役および元Jリーガーに対しては、バックオフィス業務を効率化する当社サービスの提供を通じて、本業に集中するための環境づくりをサポートしてまいります。」

(参考)本プロジェクトへの参画クラブ

J1北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、鹿島アントラーズ、FC東京、川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、横浜FC、湘南ベルマーレ、清水エスパルス、ガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、サガン鳥栖、大分トリニータ
J2モンテディオ山形、ザスパクサツ群馬、東京ヴェルディ、FC町田ゼルビア、ファジアーノ岡山、アビスパ福岡、FC琉球
J3福島ユナイテッドFC、Y.S.C.C.横浜、SC相模原、AC長野パルセイロ、FC岐阜、ロアッソ熊本

■デュアルキャリア株式会社について
アスリートをはじめ、何かに夢中になっている人のもともと持っている魅力や才能を長く人生に活かしていくサポートを全力で行うことをミッションとする企業。「デュアルキャリア」とは、プロとしての一つの側面だけではなく、個としてのキャリアを磨き、まだ見ぬ可能性を最大限に引き出していくことを意味する。元Jリーガーで現在は香港リーグ3部監督を務めるアンバサダー井川祐輔を筆頭に、「アスリート」という枠を超え、新しいファンづくりの形を創る。選手とファンの想いを繋げる新しいオークションサービス「HATTRICK」にて、コロナに闘うスポーツに関わるすべての人のために動き出す。

名称  :デュアルキャリア株式会社​
所在地 :東京都渋谷区渋谷2-24-12渋谷スクランブルスクエア39F
設立  :2019年12月
代表者 :代表取締役社長 嵜本晋輔
URL :http://dualcareer.inc/ 
サービスに関するお問い合わせ:info@dualcareer.inc

■HALF TIME株式会社について
HALF TIME株式会社は、2017年8月に設立されたスタートアップ企業で、スポーツビジネス・プラットフォーム「HALF TIME(ハーフタイム)」を運営しています。WebサービスのHALF TIMEでは、ビジネスパーソン向けにスポーツ業界の最新情報・求人情報を届ける専門メディアと、法人向けにPR・採用サービスを提供しています。また法人向けには、採用、PR・ブランディング、パートナーシップの領域で各種サービスも提供しています。 
さらに、世界最高峰の海外スポーツ団体のエグゼクティブを登壇者に迎え、累計1,200名以上の参加者を誇る日本最大級のオンライン・スポーツビジネスカンファレンス『HALF TIMEカンファレンス』や、世界のスポーツ界で活躍する海外ビジネスパーソンからオンラインで直接実学を学べるオンライン講座『HALF TIME Global Academy』も主催。「スポーツを通して生きがいのあふれる社会を実現する」というミッションのもと、多角的なスポーツ関連サービスをグローバルに提供します。

名称  :HALF TIME株式会社​
所在地 :東京都港区南青山3-1-3スプライン青山東急ビル6F
設立  :2017年8月21日​
代表者 :代表取締役 磯田裕介​
URL :http://www.halftime.co.jp/
サービスに関するお問い合わせ:info@halftime-media.com 

■株式会社マネーフォワードについて
「お金を前へ。人生をもっと前へ。」というミッションのもと、すべての人のお金の課題解決を目指し、バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』やお金の見える化サービス『マネーフォワード ME』などを提供しています。

名称  :株式会社マネーフォワード
所在地  :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL  :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/
※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。