ケヴィン・マスカット氏の監督就任についてのお知らせ

シント=トロイデンVVのプレスリリース

STVVは、オーストラリア人のケヴィン・マスカット(Kevin Muscat)氏の監督就任が決定いたしましたのでお知らせいたします。

 

マスカット監督は6月8日(月)の始動日から指揮を執ります。

(左:立石敬之CEO、右マスカット監督)(左:立石敬之CEO、右マスカット監督)

■ケヴィン・マスカット (Kevin Muscat)監督
生年月日:1973年8月7日
国籍:オーストラリア
【経歴】
2009-2010-2013-2014: メルボルン・ビクトリー (オーストラリア1部)アシスタントコーチ
2013-2014-2018-2019: メルボルン・ビクトリー 監督
2019-2020:シント=トロイデンVV テクニカル・アドバイザー

【シント=トロイデンVV(STVV)とは】
1924年創立のベルギー・プロ・リーグ1部に所属するサッカークラブ。 2017年11月に合同会社DMM.comが経営権を取得。2018年に元FC東京GMの立石敬之が最高経営責任者(CEO)に就任 。 5つの柱として、トップチームの強化・アカデミーの充実・新たな事業スキームの構築・スタジアムの拡充・IT導入によ る技術革新を掲げている。 シュミット・ダニエル選手(前所属ベガルタ仙台)、鈴木優磨選手(前所属鹿島アントラーズ)、伊藤達哉選手(前所属ハンブルガーSV)、松原后選手(前所属清水エスパルス)が所属。
2018-19シーズンは歴代最高の勝ち点47で7位で終了した(12勝11分7敗/得失点+11/47得点36失点)。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。