観覧無料!基礎体力を鍛える「ランバイク」日本初の全国大会に向け「第0回U6ランバイクジャパンカップ」を開催!                                  

株式会社BIGTREEのプレスリリース

このたび、U6 RunBike JAPANCUP実行委員会は3月20日(金・祝)に「第0回U6ランバイクジャパンカップ」を開催いたします。4月から始まるランバイクの全国大会は日本初の試みとなり、このたびの大会はこの全国大会に向けたエキシビションマッチになります。一般の方の観覧もでき、無料で入場いただけます。

ランバイクとは、ペダルやチェーンなどといった部品が一切付属していない自転車を、足で地面を蹴って走るという、新しいタイプのキッズバイクです。近年、このランバイクで得た基礎体力により、アルペンスキーやアメリカンフットボール・アイスホッケー・空手・ゴルフ・短距離走などといった各種スポーツ界で活躍する子どもたちも増えてきており、国内外で注目されています

こうした背景を受け、「ランバイクをすべてのスポーツの始まりに」というモットーを掲げて4つの主催団体(福島「ウルトカップ大会事務局」、愛知「WRC実行委員会」、京都「みやびランバイクCUP実行委員会」、岡山「MOMOTARO RIDERS CUP運営委員会」)と、朝日小学生新聞の協力を得て「U6 RunBike JAPANCUP実行委員会」を組織し、本イベントの実施となりました。

今後は、未就学児を対象にした全国大会を2020年4月~2021年3月に開催する予定です。

■開催概要
・日時…2020年3月20日(金・祝)8時~17時
・会場…埼玉スタジアム2002公園 東駐車場(さいたま市緑区美園2-1)
・アクセス…南北線「浦和美園」駅から徒歩15分
・プログラム
<レース内容>
年少クラス(150m~200m)…男児86人、女児23人
年中、年長クラス(250m)…年中男児85人、女児17人/年長男児55人、女児18人
<表彰>
ブロックごとに上位12名を表彰
・ゲスト

U6-プレゼンター 永井雄一郎氏
1997年浦和レッドダイヤモンズに入団。1999年小野伸二率いる黄金世代、U-20日本代表のFWの主軸としてナイジェリアで開催されたワールドユース準優勝に貢献。2003年にはミスターレッズとして愛された福田正博から背番号『9』を引き継ぎ、名実ともに2代目「ミスターレッズ」に。日本代表にも選出され、初キャップ・初ゴールを記録。2007年に行なわれたアジアチャンピオンズリーグで浦和の優勝に大きく貢献すると共に、大会MVPにも選出。

■団体概要
・団体名称:U6 RunBike JAPANCUP実行委員会
・大会の目的:
①ランバイクを経験した子ども達のサポートおよび経験後のスポーツ優位性の分析と発見
 →将来的なスポーツ遍歴データベースを構築
②幼少期における、エビデンスをもとにした適切なトレーニング方法の確立
③オリンピックイヤーである今年を皮切りに、世界で活躍できるスポーツ人材を育成
 →ランバイクを幼児スポーツとして定着させ、ランバイクの競技人口の増加を図り、
  将来的に各スポーツで国際的に活躍できる人材を育成する
・顧問:相原 正道

1971年生まれ、東京都出身。東京オリンピック・パラリンピック招致委員会事業部門マネージャーとして活躍。2012年4月、福山大学経済学部准教授へ就任し、東京2020オリンピック・パラリンピック招致エグゼクティブプロデューサーとして出向。2016&2020の五輪招致を経験した日本で唯一の研究者。
2015年4月より大阪経済大学人間科学部准教授に就任、2016年からは大阪府市都市魅力戦略推進会議委員兼スポーツ部会長、大阪市スポーツ振興施策検討委員会有識者会議委員、日本バレーボールリーグ機構「バレーボール国内50周年事業」総合プロデューサーも務める。

・参加団体:
<ウルトカップ 大会事務局(福島)>
東北エリア最大のランバイクレース【東日本インドア選手権】の運営団体。ランバイクのみならず、代表の鈴木氏はFAKP 福島アクティブキッズProjectのコーディネーションディレクタとし、運動を通じた幼児教育に従事。

<WRC実行委員会(愛知)>
愛知県岡崎市を本拠地とした、Runbike Racing Performers。代表的な主催レース【wild runner】は12回の歴史を誇る、ランバイク会を代表するレース。ランバイクを通じた地域貢献を目的に岡崎市を中心に活動。

<みやびランバイクCUP実行委員会(京都)>
みやびランバイクCUP実行委員会はランバイクを通じて、こどものあらゆる可能性の引き出しや幼少期の思い出つくりをお手伝いするとともに、京都のランバイクチームが垣根を越えて地元京都にこだわりレースを開催したいと熱意を持ち活動中。

<MOMOTARO RIDERS CUP運営委員会(岡山)>
幼児スポーツに対するランバイクの重要性・ジュニア世代以降に取り組むスポーツとの互換性などを広く伝えていく活動を実施。ランバイクが競技として確立し、日本スポーツ界にその重要性を広く伝える事を目的として活動。

・所在地:107-0052 東京都港区赤坂7-6-52
・電話番号:03-4530-3891
・代表:星川 大地
・設立:2020年1月
・活動内容: U6 RunBike JAPANCUP の企画運営 http://u6-runbike.jp 
       RunBike.ch(ウェブメディア)の運営 https://runbike.jp 
     【ランバイクを全てのスポーツの始まりに】をビジョンに掲げ、ランバイクを幼児スポーツとし
      確立することで、日本のスポーツを強くすることを最終目標に活動。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。