埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、新監督に平成生まれの元Jリーガー・村松知輝氏が就任

COEDO KAWAGOE F.C株式会社のプレスリリース

埼玉県川越市からJリーグを目指すCOEDO KAWAGOE F.C(川越市1部リーグ)は、選手兼ヘッドコーチとして所属をしていた村松知輝氏が、現役を引退し、新たに監督に就任することが決定しましたので、お知らせいたします。

村松知輝氏は、Jリーグ通算22試合に出場。
カンボジア、ウズベキスタン等の海外リーグで活躍した後、2021年11月にCOEDO KAWAGOE F.Cに選手兼ヘッドコーチとして加入。
選手として公式戦デビュー戦でいきなり4得点をあげるなど活躍し、ヘッドコーチとしても“個”にフォーカスした指導で選手の能力を伸ばし、短い期間でチームのレベルを一段階引き上げることに大きく貢献しました。

村松氏に監督就任を打診した理由については以下noteにて詳しく記述しております。
https://note.com/terada_itta/n/ne84001e9f31e

【プロフィール】

氏名 :村松知輝(TOMOKI MURAMATSU)
出身地:埼玉県朝霞市
生年月日:1990年7月10日(31歳)
選手経歴:帝京高校/浜松大学/J2カターレ富山/JFL HONDA FC/カンボジア1部Angkor TigerFC/カンボジア1部Boeung ketFC/ウズベキスタン1部PFK mashal Muborak/FCカラスト埼玉南西/SHIBUYA CITY FC/COEDO KAWAGOE F.C

【村松監督コメント】

「今シーズンより監督に就任することになりました村松知輝です。
“フットボールで人々の心を動かす”というチームスローガンの元、ファン、サポーター、パートナー様、COEDO KAWAGOE F.Cに関わる全ての人々に夢や感動を届けられるよう、全力で真摯に取り組んでまいります。
また、”設立3年以内に天皇杯に出場し、Jクラブと真っ向勝負をする”という日本サッカー史に残る挑戦を達成すべく、今まで以上に選手、スタッフ、フロントが一枚岩となって目標に突っ走っていきたいと思います。
こんなにも熱くワクワクする挑戦をする機会を頂けたことに心から感謝します。
今後ともCOEDO KAWAGOE F.Cを宜しくお願いいたします。」

【COEDO KAWAGOE F.Cとは】

COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、元Jリーガーや海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いだけのクラブではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

クラブHP: https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画:https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU

■本件に関するお問い合わせ
COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。