全選手参加!「Kids Smile Project第2回勉強会」開催のお知らせ

株式会社石川ツエーゲンのプレスリリース

ツエーゲン金沢の選手たちが主体となって、地域の子どもたちの笑顔のために取り組む活動「Kids Smile Project」の第2回選手向け勉強会を、11月18日(木)にオンラインにて開催することとなりましたのでお知らせいたします。

 

この度は、金沢市が現在認知向上に取り組んでいる「ヤングケアラー」を勉強会テーマとして取り上げます。
ヤングケアラーとは、「障害や病気のある家族、幼い兄弟など、ケアを必要とする人がいるために、本来大人が担うと想定されているような家事や家族の世話などを日常的に行っている18歳未満の子ども」のことを指します。

当日は、「ヤングケアラー」の認知向上に取り組まれている「金沢市こども相談センター」所長補佐の徳山一也様にヤングケアラーの概要と課題について、過去にご自身がヤングケアラー当事者であった「みんなで笑顔木のおうち訪問看護リハビリステーション」田辺陽一様に、ご自身の経験についてお話しいただきます。

 <第2回勉強会実施概要>
■日程
11月18日(木)15:00~16:00

■勉強会テーマ
ヤングケアラー

■スケジュール
15:00〜 本勉強会の趣旨説明
     ツエーゲン金沢ホームタウン推進室室長 灰田さち
15:05〜 「ヤングケアラーとは?~子ども達が抱える問題~」
     金沢市こども相談センター 所長補佐 徳山一也 様
15:25〜 「ヤングケアラー当事者としての経験談」
     みんなで笑顔木のおうち訪問看護リハビリステーション 田辺陽一 様
15:45〜 質疑応答

■実施方法
オンラインzoomにて
※メディアの方もご参加いただけます。参加を希望される方は下記連絡先までご連絡ください。

<「Kids Smile Project」について>
■背景
2020年コロナ禍において「地域の子どもたちの笑顔のためにできることをしたい」とのキャプテン廣井友信選手の声に賛同した一部選手達により、いしかわフードバンク・ネットへの食品寄贈活動がスタートしました。
今シーズンからは参加する選手・スタッフも増え、食品寄贈活動の規模が大きくなっている中で、さらに活動の幅を広げていきたいと選手たちから声が上がりました。
そこでクラブとしても、選手主体でスタートしたこの活動を継続的な活動にするために、新たな取り組みとして「Kids Smile Project」をスタートします。

■趣旨および目的
近年、子どもの貧困やひきこもり、非行、体力の低下など、子ども達が抱える課題は非常に多様化しております。
本活動は、選手達が自ら子ども達が抱える課題に目を向け、学ぶことにより、スポーツ選手として出来ることを自発的に考えて取り組むこと、さらには継続的な活動にしてゆくことを目指しています。

具体的には、以下2点を主な目的としています。
①スポーツ以外のことにも目を向けることにより、選手達の社会を見る目を養う
②選手たちが学ぶ様子をメディア、SNSで発信することで、ツエーゲン金沢のサポーターをはじめ、地域の方に現代の子ども達が抱える課題について理解を促す

クラブとしては、選手達が、継続的に子ども達が抱える課題を学ぶことができるようサポートし、地域と共に課題に向き合う活動にして参ります。

<「Kids Smile Project」概要>
トップチーム全選手に対し、「子ども達が抱える課題」をテーマに勉強会を定期開催いたします。
勉強会では、毎回テーマを変え、そのテーマを専門としている方を外部講師としてお招きし、課題や背景について詳しくお話いただきます。
さらに、話を聴いたうえでの感想や「選手の立場としてできること」等を、個人ないしはグループでアウトプットする時間も設け、具体的な選手達による活動につなげてゆけるよう進めます。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。