東京ヴェルディが11月7日(日)、日テレ・東京ヴェルディベレーザが11月20日(土)にJリーグ、WEリーグの両公式戦にて、プライドマッチを開催!プライドハウス東京が連携!

NPO法人グッド・エイジング・エールズのプレスリリース

 

任意団体「プライドハウス東京」コンソーシアムは、日本のLGBTQ+などのセクシュアル・マイノリティ(以降、LGBTQ+)の抱える課題や理解の促進に向けてスポーツの力を活用しています。また、スポーツ自体もLGBTQ+への差別や偏見が強く残ることから、スポーツ現場における多様性理解の促進にも取り組んでいます。今後も競技団体、リーグやクラブ、アスリート、専門家、アライ(ally*)の皆さまと協働し、スポーツの力を活用して誰もが自分らしくいられる社会とスポーツ文化を作っていきたいと考えています。

*アライ(ally):「ally」は「盟友、味方、同盟者」といった意味で、LGBTQ+当事者をサポートする人々のことを言います。LGBTQ+当事者ではないが、LGBTQ+の活動を支持し、協働していく人のことやLGBTQ+コミュニティーでお互いに助け合う人々のことも指します。
 

  • 東京ヴェルディ、日テレ・東京ヴェルディベレーザの両ホームゲームにてプライドマッチを開催

プライドハウス東京は、東京ヴェルディ株式会社と連携し、日本プロサッカーリーグ(Japan Professional Football League)(以下「Jリーグ」)に所属する東京ヴェルディと、日本女子プロサッカーリーグ(Japan Women’s Empowerment Professional League)(以下「WEリーグ」)に所属する日テレ・東京ヴェルディベレーザの両ホームゲームにおいて、プライドマッチを開催します。

これまでWEリーグプレシーズンマッチやなでしこリーグなど、女子サッカーの試合でプライドマッチが開催されてきましたが、男子サッカーのトップリーグであるJリーグでは初の開催となります。
まず東京ヴェルディが11月7日(日)に、そして日テレ・東京ヴェルディベレーザが11月20日(土)にそれぞれのホームゲームにて実施いたします。
 

  • 2021年11月7日(日)東京ヴェルディプライドマッチ情報

 

©︎TOKYO VERDY

2021 明治安田生命J2リーグ 第38節
東京ヴェルディ vs. V・ファーレン長崎

日時:2021年11月7日(日)14:00キックオフ
会場:味の素スタジアム(東京都)

本試合では、選手入場時に選手がレインボーカラーのリストバンドを着用したり、レインボーフラッグの掲出を行う予定です。さらに、試合会場には、プライドハウス東京のパネル展示や「Sport for Everyone」「プライドハウス東京レガシーハンドブック」などの冊子の配布を行うブースを設置します。

*内容は変更となることがあります。
*今後の新型コロナウイルスの感染拡大状況、政府発信、自治体判断等により、運用が急遽変更になる可能性があります。その際は東京ヴェルディのホームページ等でお知らせ致しますので、予めご理解とご了承の程宜しくお願い致します。
 

  • 2021年11月20日(土)日テレ・東京ヴェルディベレーザプライドマッチ情報

©︎TOKYO VERDY

2021-22 Yogibo WEリーグ 第10節
日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs. 大宮アルディージャVENTUS

日時:2021年11月20日(土)14:00キックオフ
会場:味の素フィールド西が丘(東京都)

本試合では、11月7日の東京ヴェルディの試合同様、選手入場時に選手がレインボーカラーのリストバンドを着用をしたり、レインボーフラッグの掲出を行う予定です。さらに、試合会場には、プライドハウス東京のパネル展示や「Sport for Everyone」「プライドハウス東京レガシーハンドブック」などの冊子の配布を行うブースを設置します。

*内容は変更となることがあります。
*今後の新型コロナウイルスの感染拡大状況、政府発信、自治体判断等により、運用が急遽変更になる可能性があります。その際は日テレ・東京ヴェルディベレーザのホームページ等でお知らせ致しますので、予めご理解とご了承の程宜しくお願い致します。

また、プライドマッチに先立ち、10月21日に研修会を開催。プライドハウス東京理事、アスリート発信チームのチームリーダーの野口亜弥(一般社団法人S.C.P. Japan)より、東京ヴェルディのスタッフの皆さまへ「性の多様性について」の講義を行いました。
 

 

  • 「プライドハウス東京」コンソーシアム

「プライドハウス東京」は、LGBTQ+やソーシャル関連の活動を行う29のNPOや個人とともに、「教育・多様性発信」「文化・歴史・アーカイブ」「セクシュアルヘルス・救済窓口」「アスリート発信」「祝祭・スポーツイベント・ボランティア」「居場所づくり」「仕組みづくり」「レガシー運営チーム」という個別テーマを掲げた8つのチームにわかれ、協働プログラムを企画・実施しています。

■団体・個人(計:団体27/個人6)
◎NPO法人 akta(代表:岩橋 恒太)
◎一般社団法人 S.C.P. Japan (共同代表:野口 亜弥)
◎NPO法人 エティック(代表:宮城 治男)
◎任意団体 LGBTQアライ・コミッティ@Accenture(代表:佐藤 守)
◎NPO法人 カラフルチェンジラボ(代表:三浦 暢久)
◎NPO法人 グッド・エイジング・エールズ(代表:松中 権)
◎NPO法人 グリーンバード(代表:福田 圭祐)
◎サウザンブックスPRIDE叢書(代表:古賀 一孝)
◎NPO法人 GEWEL(ジュエル)(代表理事:小嶋 美代子)
◎任意団体 手話フレンズ(代表:モンキー高野)
◎一般財団法人スポーツ&ライフ振興財団(代表:武田 利也)
◎NPO法人 東京レインボープライド(共同代表:杉山 文野、山田 なつみ)
◎任意団体 読書サロン(代表:安田 葵)
◎任意団体 にじいろかぞく(代表:小野 春)
◎認定NPO法人 虹色ダイバーシティ(代表:村木 真紀)
◎NPO法人 日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス(JaNP+)(代表:高久 陽介)
◎NPO法人 ハートをつなごう学校(代表:杉山 文野)
◎任意団体 Proud Futures(共同代表:小野 アンリ、向坂 あかね)
◎任意団体 フルーツ・イン・スーツ東京(FinS Tokyo)(代表:Loren Fykes)
◎認定NPO法人 ぷれいす東京(代表:生島 嗣)
◎任意団体 虫めがねの会(代表:鈴木 茂義)
◎任意団体 University Diversity Alliance (代表:五十嵐 浩也)
◎認定NPO法人 ReBit(リビット)(代表:藥師 実芳)
◎NPO法人 レインボーコミュニティcoLLabo(代表:鳩貝 啓美)
◎NPO法人Rainbow Soup(代表:五十嵐 ゆり)
◎任意団体 Rainbow Tokyo 北区(代表:時枝 穂)
◎NPO法人 レインボー・リール東京(代表:宮沢 英樹)
◎浅沼 智也(トランスジェンダー活動家)
◎井上 道博
◎田口 周平
◎野老 朝雄(アーティスト)
◎野村 恒平
◎山縣 真矢(編集者/ライター)
 

  • 「プライドハウス」とは

オリンピック・パラリンピックなどの国際スポーツ大会の開催にあわせて、セクシュアリティを問わず、あらゆる人が安心して過ごせる場所を提供することを中心に、LGBTQ+に関する地域情報や文化情報の提供、LGBTQ+とスポーツという視点での課題やその解決方法や学びの提供、地域の住民や来訪者問わず参加できるスポーツイベントなどの実施といった機能を提供することを目指しています。過去のプライドハウス主催団体、今後プライドハウスを主催する予定の団体が、プライドハウス・インターナショナル(http://www.pridehouseinternational.org)というネットワークを形成し、情報共有などを行っています。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。