【新潟医療福祉大学 男子サッカー部】シマブク カズヨシ選手 アルビレックス新潟への2022シーズン加入内定、およびJFA Jリーグ特別指定選手認定のお知らせ

NSGグループ株式会社NSGホールディングスのプレスリリース

NSGグループの新潟医療福祉大学男子サッカー部のシマブクカズヨシ選手(健康スポーツ学科4年)が、2022シーズンよりアルビレックス新潟に加入することが内定いたしましたのでお知らせいたします。

シマブクカズヨシ選手シマブクカズヨシ選手

シマブク選手は5月25日付でアルビレックス新潟が受け入れ先となる「JFA・Jリーグ特別指定選手」として(公財)日本サッカー協会より認定されましたので、あわせてお知らせいたします。

シマブク カズヨシ 選手 Kazuyoshi SHIMABUKU
■ポジション:MF
■背番号:40
■生年月日:1999年7月29日
■身長/体重:166cm/63kg
■出身地:ペルー
■経歴:東松山新宿サッカースポーツ少年団 → 東松山ぺレーニアフットボールクラブジュニア →浦和レッズジュニアユース → 浦和レッズユース → 新潟医療福祉大学
■特徴:卓越した足元のテクニックと広い視野でチャンスメイクができるミッドフィルダー。ドリブル突破と強烈なシュート力を武器に、ゴールに関わることができる。

■コメント
この度、アルビレックス新潟に加入することとなりました。これまで私に携わってくれた指導者、大学関係者、チームメイト、家族や応援してくれている人たちに感謝の気持ちを忘れずに、日々努力したいと思います。現状に満足せず1日1日を大事にして残りの大学生活では人として選手として成長し、リーグ戦や総理大臣杯、インカレでは結果を残していきたいです。今後とも応援よろしくお願いします!

■JFA・Jリーグ特別指定選手について
目的:サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的とする。
概要:全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟サッカー部、またはJクラブ以外の大学運営(学校法人)のチームに所属する学生選手、もしくは日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームの所属選手を対象に、JFAが認定した選手に限り所属チーム登録のまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする。

【新潟医療福祉大学】 https://www.nuhw.ac.jp/
全国でも数少ない、看護・医療・リハビリ・栄養・スポーツ・福祉・医療ITを学ぶ6学部13学科の医療系総合大学です。この医療系総合大学というメリットを最大限に活かし、本学では、医療の現場で必要とされている「チーム医療」を実践的に学ぶことができます。また、全学を挙げた組織的な資格取得支援体制と就職支援体制を構築し、全国トップクラスの国家試験合格率や高い就職実績を実現しています。さらに、スポーツ系学科を有する本学ならではの環境を活かし、「スポーツ」×「医療」「リハビリ」「栄養」など、スポーツと融合した学びを展開しています。

学科
理学療法学科/作業療法学科/言語聴覚学科/義肢装具自立支援学科/臨床技術学科/視機能科学科/救急救命学科/診療放射線学科/健康栄養学科/健康スポーツ学科/看護学科/社会福祉学科/医療情報管理学科

【新潟医療福祉大学 強化指定クラブ】 https://www.nuhw.ac.jp/sport/
本学では、水泳・男子サッカー・女子サッカー・男子バスケットボール・女子バスケットボール・陸上競技・女子バレーボール・ダンス・硬式野球・卓球・テニス・男子バレーボールの全12種目を強化クラブとして指定し、トップアスリート及び指導者の育成に取り組んでおります。

キャンパスキャンパス

所在地:新潟市北区島見町1398番地
TEL 025-257-4459   FAX 025-257-4456
大学HP  https://www.nuhw.ac.jp/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。